ご主人に”さようなら”を言うために病院へ


SPONSORD LINK

ライアンさん(33歳)は先月突然の脳溢血でこの世を去りました。

その時の病院の職員は驚きの様子を知らせました。

 

 

ライアンさんの姉、ミッシェルさんが自身のフェイスブックのページに兄とそのペットの犬、モリーのことを記載しました。

モリーが弟にお別れを言えるように、病院は特別に私の兄のいる部屋に犬の入出を認める許可をくれました。そしてなぜこの子の飼い主が家に戻ることができないのかを教えるために。」

 

彼のもとに世界から多くのメッセージが届きました。

 「私たちはこんなにも多くの人から温かい気持ちをいただいたことに感動しています、そして私たちの悲しみを分かち合っていただいたことを心から感謝しております。」

 

ライアンさんのお姉さんはモリーは今とても心地良い場所にいると追記しました。

モリーのことは心配しないで!私たちが大切に育てるわ、モリーは家族の一員だから。」

 

またミシェルさんは追記でライアンさんの心臓は17歳の若者の命を救うために提供されることを知らせます。

丁度クリスマスの日に。

 

 

 

f:id:kalinowskaha:20161222182952j:plain

 

 

f:id:kalinowskaha:20161222182955j:plain

 

 

f:id:kalinowskaha:20161222182954j:plain

 

 

f:id:kalinowskaha:20161222182953j:plain

 

 

f:id:kalinowskaha:20161222182951j:plain

 

 

f:id:kalinowskaha:20161222182950j:plain

 

 

Michelle Jessen - Rideout Memorial Hospital did the... | Facebook

 

広告を非表示にする